トップ

交通事故の慰謝料を知る

交通事故には多額の慰謝料が

交通事故の慰謝料の相場とは

車社会の現代は、どんな方にも交通事故の被害を受けてしまうリスクがあり、一歩間違うと重大な怪我を負ってしまうようなことも考えられます。重大な交通事故の場合には、その慰謝料などの支払いについて、必ず弁護士に相談する必要があると言えるでしょう。

交通事故について相談するならば、交通事故を取り扱った経験の多い弁護士を探す必要があるでしょう。経験豊富な弁護士に依頼をすることで、交通事故の問題は速やかに解決へ向かっていく可能性があります。

交通事故の被害者になってしまった場合、治療費などの関連する費用は莫大なものになることが多くなっています。また、多額の費用に加えて通院などの時間が必要になってしまうことから、精神的苦痛などに関しても相当なものがあると言えます。

交通事故の慰謝料を算出する際には、ある程度の相場が存在しています。しかし、その相場は「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」という3つの基準によって大きく変わってきますので、提示されている金額がどの基準に当てはまっているのかということを判断する必要があります。

3つの基準の中で最も相場が高いものは「弁護士基準」であり、「任意保険基準」の4倍ほどになるような場合もあります。もしも提示された慰謝料が不当に低いような場合には、「弁護士基準」に照らし合わせることで慰謝料の増額が可能になることもあります。

また、交通事故の慰謝料の内訳は「治療費用+入院雑費+休業損害+入通院慰謝料+後遺障害慰謝料」であり、これらが個別にきちんと算出されているかどうかを考える必要もあります。これらの項目ごとに、受けた被害をきちんと弁済してもらえるようにすることが大切です。

Copyright © 交通事故には多額の慰謝料が. All rights reserved.